2012年9月24日月曜日

Jenkins で ASP.NET のWebアプリケーションをデプロイする

Untitled Page

Jenkins を使って自動ビルドや自動テストを走らせていたので、デプロイも Jenkins からできるようにしてみました。

ちなみに ASP.NET MVC のプロジェクトにて行いました。おそらく WebForms でも同じようにできると思います。

必要なもの

Jenkins で Visual Studio のソリューションやプロジェクトをビルドするには、Jenkins の MSBuild プラグインがあると便利です。Jenkins のプラグインマネージャから簡単にインストールできます。

また、デプロイには MSDeploy を利用しますので、デプロイ先の環境に MSDeploy がインストールされている必要があります。

パッケージの作成

MSDeploy でデプロイするためのパッケージを MSBuild で簡単にパッケージを作ることができます。“ビルド手順の追加” から “Build a Visual Studio project or solution using MSBuild” をこんな感じで追加して設定。

パッケージの作成

ターゲットを “Package” にすると、MSDeploy を利用して配置するためのパッケージが ”obj\Release\Package” のようなパスに作成されます。

ちなみにターゲット “Package” が必要なので、パッケージの作成は .NET Framework 4 の MSBuild で行う必要があります。たぶん…

ステージングとかプロダクションとかそれぞれの環境に応じたビルド構成(Staging, Production, etc)や構成変換ファイル(Web.Staging.config とか)がある場合は、Configuration=Staging とかでビルドすればOKです。

MSDeploy

MSDeploy については、こちらのMSDNの記事(http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd483479(v=vs.100).aspx)が詳しいです。

先ほどの MSBuild で作られたパッケージの中に、”プロジェクト名.deploy.cmd” というコマンドファイルが生成されています。(obj\Release\Package\Sample.Mvc.deploy.cmd みたいな)
これを実行すると配置が実行されます。が、その前に配置先の設定や接続文字列を設定したりする必要があります。

※ ちなみに “プロジェクト名.deploy-readme.txt” みたいなファイルが一緒に生成されています。非常に丁寧な解説が載っていますのでぜひ目を通して下さい。

配置先と接続文字列の設定

先ほどのコマンドファイルと同じディレクトリに、”プロジェクト名.SetParameters.xml” という下のようなXMLファイルが作られます。デプロイのための設定などはこのファイルを利用して指定します。

SetParametersの中身

配置先は、”IIS Web Application Name” パラメータで指定します。value を配置先のアプリケーションにします。接続文字列も同じように設定してやります。

このパラメータファイルの設定ですが、私はあらかじめステージング用とかプロダクション用などそれぞれ用意しておいて、MSDeploy を走らせる前に上書きしています。

MSDeploy の実行

パラメータファイルが用意できたら、あとはこんな感じで実行するだけです。

Sample.Mvc.deploy.cmd /Y

この/Yパラメータを指定すると、実際にパッケージがデプロイされます。/T パラメータなど指定することで、パッケージをデプロイせずにシミュレートだけを行ったりできます。(詳しい解説が上記の deploy-readme.txt に載っています

MSDeploy の実行を Jenkins に設定する

上記の MSDeploy の実行手順を Jenkins に設定しましょう。
ビルド手順を追加からWindowsバッチコマンドの実行を追加します。

たぶんこんな感じの内容になると思います。


まとめ

とても簡単です。あとは Jenkins でビルドを実行すればめでたく配置されるはずです。

最後に

このようにデプロイを自動化することで、継続的インテグレーションが捗ります。
ASP.NET でのこういった記事が少ない気がしたので書いてみました。(もしかして当たり前すぎるんでしょうか…)

私の環境では、ステージングにはビルドマシンからアクセスできるため、紹介したような方法でデプロイしていますが、プロダクションは別のネットワークにあるため直接デプロイできません。

なので、プロダクション用のパッケージを作ってZIPファイルで圧縮してダウンロードできるようにし、実際のデプロイではそれをプロダクション環境に持って行って解凍、先ほどのコマンドファイルを実行しています。

ビルドトリガでSCMをポーリングしてやれば、コミットした内容がすぐにデプロイされるのでいろいろな環境を素早く最新の状態に保てます。

Jenkinsさんのおかげで面倒なビルドやデプロイの作業から開放されてずいぶん楽になりました。これからも Jenkins さんと仲良くやって行きたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿